2024/3/7(木)開催 2023年度 第2回IDE高等教育研究フォーラム オンラインセミナー「18歳人口急減と大学」

少子化が急激に進む中で,初めて半数以上の私立大学が定員割れに直面し,大学の統合や再編,地方での進学機会の確保など様々な観点から関心が高まっています。2023年9 月に「急速な少子化が進行する中での将来社会を見据えた高等教育の在り方について」の諮問が中教審に出され,2023年11 月には「高等教育のあり方に関する特別部会」での議論が本格化しています。今回のセミナーでは,18 歳人口急減期の大学のあり方について,ご参加の方々を交えて議論します。

1.日 時:2024年3月7日(木) 14:00~17:00

2.開催形式:ZOOMオンラインセミナー

3.基調講演:
  「2040 年の高等教育像─ シナリオと論点」  濱中 義隆(国立教育政策研究所 高等教育部長研究部長)

  事例報告:
   千葉商科大学 原科 幸彦 (千葉商科大学 学長)
   京都橘大学  日比野 英子(京都橘大学 学長)

  パネルディスカッション
   パネリスト: 濱中 義隆 / 原科 幸彦 / 日比野 英子

  司 会:両角 亜希子(東京大学 教授)
  総合司会:小林 雅之(桜美林大学 教授)

4.参 加 費: 無料

5.申込開始:2024年2月15日(木)13:00より
  定員(300人)になり次第締め切り

6.申込URL→ https://forms.gle/zw6xV6QDexLCYnA86

7.お問合せ: IDEフォーラム事務局 アドレス:idehonbu@ide-web.net
        〒105-0004 東京都港区新橋4-25-4-3F
        TEL:03-3431-6822 FAX:03-6809-1311


【終了】東海支部セミナー 2023年度「大学教育と図書館」

1.日 時: 令和 5年 8月25日(金) 13:30~16:45

2.形 式: ハイブリッド形式
      会場:名古屋大学 野依記念学術交流館
      オンライン:Zoomウェビナー

PDFファイルダウンロード

プログラム → https://www.ide-web.net/ide-net/wp-content/uploads/2024/02/【IDE大学協会東海支部】R5_大学セミナープログラム.pdf

東北支部セミナー 令和5年度「大学の未来を支えるもの」~財務的基盤の変化の中での教育研究活動~

主催:IDE大学協会東北支部/東北大学高度教養教育・学生支援機構

1.日  時 : 2023年11月20日(月)14:00~17:00
2.形  式 : ハイブリッド開催(来場/Zoomによるオンライン配信)
3.プログラム: 
   開会挨拶:大野 英男(東北大学総長、IDE大学協会東北支部長) (5分)14:00~14:05

   趣旨説明:島 一則(東北大学大学院教育学研究科教授) (10分)14:05~14:15

   基調講演1 (25分)14:15~14:40
       「大学の未来を支えるもの」 金子 元久(筑波大学特命教授)

   基調講演2 (25分)14:40~15:05
       「定員割れ50%の衝撃と地方私立大学の未来」 大森 昭生(共愛学園前橋国際大学学長)

   休憩 (10分)15:05~15:15

   講 演1 (15分)15:15~15:30
       「国立大学の財務基盤と教育研究活動:現状と課題」 
        水田 健輔(大学改革支援・学位授与機構研究開発部教授)

   講 演2 (15分)15:30~15:45
       「公立大学の財務基盤と教育研究活動:現状と課題」
        渡部 芳栄(岩手県立大学高等教育推進センター高等教育企画部副部長、
             教学IRセンター副センター長、准教授)

   講 演3 (15分)15:45~16:00
       「私立大学の財務基盤と教育研究活動:現状と課題」 
        両角 亜希子(東京大学大学院教育学研究科教授)

   休憩 (10分)16:00~16:10

   パネルディスカッション(登壇者全員) (40分)16:10~16:50
   ディスカッサント  田中 秀明(明治大学公共政策大学院専任教授)

   閉会挨拶:滝澤 博胤(東北大学理事・副学長) (10分)16:50~17:00
 
   司  会:高橋 聡(岩手県立大学社会福祉学部教授・学部長)
        杉本 和弘(東北大学高度教養教育・学生支援機構教授)

4.申込み方法:
  ■ Web申込み https://www.ihe.tohoku.ac.jp/CPD/events/pd231120
    東北大学高度教養教育・学生支援機構HP https://www.ihe.tohoku.ac.jp/  
  ■ 申込み締切:令和5年11月15日(水)
  ■ 参加費用:無料
  
 連絡先:IDE東北支部セミナー担当(東北大学教育・学生支援部学務課)
      TEL:022-795-7537/E-mail:gaku-syom@grp.tohoku.ac.jp

----------------------------------------------------

九州支部セミナー 2023年度 「地域創生で変わる学生の学び」

1.日  時:令和5年12月2日(土) 13:00~17:00

2.場  所:九州大学伊都キャンパス 日本ジョナサン・KS・チョイ文化館
       <福岡市西区元岡744>
       同時に、オンライン形式(Webex)でも開催予定 

3.プログラム:
   ▽開会挨拶 IDE九州支部長 石橋 達朗(九州大学総長)
   ▽基調講演  「社会連携活動がなぜ学生にとって重要なのか?(仮)」
         講 師:株式会社 RoleDesign 代表取締役
             一般社団法人 九州インターンシップ推進協議会 専務理事
             古賀 正博 氏
   ▽事例報告1 「半導体産業との連携と大学改革」
         講 師:熊本大学 半導体・デジタル研究教育機構
             飯田 全広 教授 
   ▽事例報告2 「教育における企業等との協働」
         講 師:中村学園大学 栄養科学部 フード・マネジメント学科
             薬師寺 哲郎 教授
   ▽事例報告3 「しまをキャンパスにした地域課題に取り組む学び」
         講 師:長崎県立大学 地域連携センター
             本田 道明 特任教授
   ▽総括・討議 パネリスト:株式会社 RoleDesign 代表取締役
                九州インターンシップ推進協議会 専務理事 古賀 正博 氏
                熊本大学      飯田 全広 教授
                中村学園大学    薬師寺 哲郎 教授
                長崎県立大学    本田 道明 特任教授
          進   行:IDE九州支部理事 木村 拓也(九州大学 教授)
                IDE九州支部監事 小湊 卓夫(九州大学 准教授)
   ▽閉会挨拶 IDE九州支部常務理事 園田 佳巨(九州大学理事・副学長)

4.参加申込:下記ページにアクセスいただき、お名前、所属・役職等、メールアドレス、連絡先(電話番号)を明記の上、お申込みください。
  【URL】 https://ueii.kyushu-u.ac.jp/fdp/event/details/287

ダウンロード

【終了】2023/11/17(金)開催 2023年度 第1回IDE高等教育研/究フォーラム オンラインセミナー「単位制度の実質化」

積年の問題とされてきた日本の大学教育の密度の薄さは、制度的な骨格としての学習単位制度が実質的に機能していないことを意味します。そこから単位制度の「実質化」の必要が指摘されてきました。現在の単位制度がどのように運用されているのか、そこにどのような問題があるのか。最近の設置基準の弾力化は、どのような可能性を生み出すのか。大学の視線から議論します。

1.日 時:2023年11月17日(金) 15:00~17:30
2.開催形式:ハイブリッド(ZOOMオンライン)
3.場 所:TKP新橋汐留ビジネスセンター ホール401
   〒105-0004 東京都港区新橋4-24-8 2東洋海事ビル
4.話題提供:
  「学年暦・授業時間の改革」  千田 亮吉(明治大学 教授)
  「単位実質化の展望」      金子 元久(筑波大学 特命教授)

  司 会:森 利枝 (大学改革支援・学位授与機構 教授)

5.参 加 費:(ウェビナー参加含む)
       IDE個人会員(維持・学生),千葉大学教職員 無料
       一般(非会員)1,000円

6.申込開始:2023年10月17日(火)13:00より。
  定員(会場30人、ウェビナー80人)になり次第締め切り

7.企画書、プログラム



8.申込方法:

  【会場参加】
    締切りました11/16(金)16:00

  【Web参加】
    締切りました 11/2(金) 17:00

9.【改定版】配布資料  PDF 全29P (千田先生 1-15P、金子先生 16-29P) 11/20(木)14:23掲示
 金子先生の資料にミスがございました。改定したファイルを掲示いたします。


  ※ファイルのパスワードは、参加申込受理メールにてお知らせしております。
   
10.お問合せ: IDEフォーラム事務局 アドレス:idehonbu@ide-web.net
        〒105-0004 東京都港区新橋4-25-4-3F
        TEL:03-3431-6822 FAX:03-6809-1311

近畿支部 セミナー 2023年度「⼤学教育におけるAI の協奏的利⽤の可能性を探る」

   昨年11月末にOpenAI社がChatGPTのサービスを開始し、今年2月にマイクロソフト社が自社のネット検索
  サービスBingを通じてChatGPT 4.0をベースにしたBing Chatの提供を始めると、国内でも連日のように生成AIが
  インターネット上や各種メディアで取り上げられるようになりました。本年度前期、生成AIの教育利用が試行的
  に進められた日本の大学や各教育機関や学校は少なくなく、多くは組織的な注意喚起の下、授業レベルで教員と
  学生による試行錯誤が行われたのではないかと思われます。さらに、今年7月13日付で文部科学省高等教育局が
  発表し関係諸機関に通達した「大学・高専における生成AIの教学面の取扱いについて」の中では、生成AIに関し
  て利活用が想定される場面例や留意すべき観点などが取りまとめられ、今後の状況変化を踏まえ、大学・高等専
  門学校等の教育機関が主体的に対応することの重要性が強調されています。
   現在巻き起こっている生成AIを巡る様々な動きや議論を通じて、私たちはこれからの高等教育の可能性や課題
  について何を学ぶことができるのでしょうか。本セミナーでは、生成AIの現状と今後の発展の見通し、授業/学部
  プログラム・大学・大学協議会という3レベルにおける生成AIを活用した教育実践やカリキュラムデザイン・ポリ
  シー策定等に関する話題提供を踏まえ、生成AIやICTを巡る今後の大学教育の可能性や課題について探究し、議
  論を通じて理解を深めていきます。
  皆様のご参加をお待ちしています。

 日  時:令和5年9月29日(金) 13:30~17:30
 会  場:キャンパスプラザ京都 2階ホール(京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路939)
      (Zoomウェビナーによるハイブリッド開催)
 対  象:どなたでもご参加いただけます。

 プログラム:
  ・開会の挨拶
    湊 ⻑博(IDE ⼤学協会 近畿⽀部⻑・京都⼤学 総⻑)
  ・話題提供
    司会 小山田 耕二(大阪成蹊大学 データサイエンス学部学科長・教授)
  ・「高等教育機関における生成AI利用のキーポイント」
    深澤 良彰(早稲田大学 理工学術院 教授・大学ICT推進協議会前会長)
  ・「生成系AIで試される大学英語教育の”寿命”- 立命館大学プロジェクト発信型英語 プログラムの実践から ―」
    木村 修平(立命館大学 生命科学部 教授・教学部 副部長<言語教育改革・全学DX担当>)
  ・「3大学データサイエンスシンポジウムを終えて」
    中村 佳正(大阪成蹊大学 学長)
  ・「大学教育のAIへの向き合い ― 私大連の取組み ―」(仮題)
    曄道 佳明(上智大学 学長・日本私立大学連盟副会長)
  ・全体討議
    司会 高見 茂(京都光華女子大学 学長)
    指定討論者 飯吉 透(京都大学 学術情報メディアセンター/大学院教育学研究科教授)

 参 加 費:無料

 定  員:会場 90名、Zoomウェビナー 300名(申込先着順)
     ※ 会場の参加希望者数が定員を超えた場合、Zoomウェビナーによるオンライン参加をご案内させて
      いただくことがあります。

 参加申込方法:
  要事前申し込み
  ・氏名、所属名、職名、連絡先(電話番号、E-mailアドレス)を明記し、
   電子メール、WebまたはFAXにて、以下の参加申込先までお申し込みください。
  ・申し込みいただいた方には、後日、電子メールにてZoom接続URLをご案内します。

 参加申込先・連絡先:
  京都大学渉外部広報課気付 IDE大学協会近畿支部事務局
  〒606-8501 京都市左京区吉田本町
  TEL/(075)753-2070 FAX/(075)753-2094
  E-mail/ide_seminar@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
  Web申込URL/ https://forms.gle/KcEaqzYmijEEeGzw5

申込締切:令和5年9月28日(木)

主  催:IDE大学協会近畿支部

ファイルダウンロード → 趣意書(PDFファイルをご覧ください。)

IDE大学セミナー 令和5年度「少子高齢化へ向けた北海道のヘルスケア教育に果たす大学の役割」

北海道は全国でもっとも早く少子高齢化が進み,2040年には75歳以上の人口が4割を超えます。このような将来を鑑みて,現在,道庁はヘルスケアDXに取り組んでいます。なぜなら,北海道は全国で最も健康意識が低く,このままでは真っ先に医療財政が破綻するためです。
 しかし,日本は世界トップの健康寿命の長さを誇ります。問題は身体的健康よりも,むしろ心の健康の方にあると思われます。大学はこのような少子高齢化における幸福な生き方を支援するために,学生たちだけでなく,北海道の地域住民へも,心と体の包括的なヘルスケアのあり方について啓蒙していく必要があります。
 そこで、今年度のIDEセミナーでは,最初に,産官学のそれぞれの立場からヘルスケアおよびヘルスケア教育の取り組みや将来の展望について話題を提供した後,講演者にはパネリストとして登壇していただき,参加者の皆様と,北海道のヘルスケアの未来,そのためのヘルスケア教育のあり方について,パネルディスカッションを行います。
 なお今年度は,北海道大学大学院教育推進機構オープンエデュケーションセンターの支援のもと,Zoomと対面によるハイブリッド形式で実施します。

  1. 日 時 :令和5年8月30日(水)13:30~17:00
  2. 会 場 :札幌ガーデンパレスホテル四階 平安の間
  3. 方 法 :ハイブリッド方式
    (支援:北海道大学大学院教育推進機構オープンエデュケーションセンター)
  4. 参加申込:こちらから→https://forms.gle/XVaJ8u3t2Hu7vJjL7

開催については以下の本学高等教育推進機構のWebサイトに掲載
URL:https://www.high.hokudai.ac.jp/news/announcement/1493/

お問い合わせ先
IDE大学協会北海道支部(北海道大学学務企画課総務担当)
011-706-5567 ide-hokkaido@general.hokudai.ac.jp

主催:IDE大学協会北海道支部
共催:国立大学法人 北海道大学
支援:北海道大学大学院教育推進機構オープンエデュケーションセンター

第54回 中国四国支部セミナー

テーマ「デジタル人材育成と地域共創 -その現状と課題-」
主 催 IDE大学協会中国・四国支部及び広島大学

1. 日 時    令和5年8月25日(金): 13:00~18:00
2. 会 場    ホテルグランヴィア広島 3階 天平の間
         ※オンライン配信も行います 
         〒732-0822 広島市南区松原町1番5号(JR広島駅新幹線口)

3. 期 間    令和5年8月25日(金)13:00~18:00

4. 会 場    ホテルグランヴィア広島 3階 天平の間(※オンライン配信も行います。)
         〒732-0822 広島市南区松原町1番5号(JR広島駅新幹線口)
         TEL:(082)262-1111,FAX:(082)262-4050

5. プログラム  別紙参照

6. 参加対象者  IDE大学協会会員
         中国・四国地区の大学,短期大学及び高等専門学校の教職員
         その他大学・高等教育に関する本セミナー参加を希望する方

7. 申込等
  ・ 参加希望者は,8月22日(火)までに,以下のURLからお申し込み下さい。
    https://forms.office.com/r/kALg9pxp2j
  ・ セミナーの内容については広島大学ホームページに掲載します。
    https://www.hiroshima-u.ac.jp/news/78139
  ・ 問い合わせ先 広島大学財務・総務室総務・広報部総務グループ内
      IDE大学協会中国・四国支部事務局
      TEL:(082)424-6060  E-mail:soumu@office.hiroshima-u.ac.jp

8. その他
    ・ セミナー参加費 … 無料
    ・ 懇 親 会 費 … 5,000円(機関会員,維持会員,一般の方)3,000円(学生会員)
      (当日受付にてお支払いください。)
    ・ 宿泊・交通費等 … 各自で手配及びご負担願います。       

【終了】第53回 中国四国支部セミナー

広島大学高等教育研究開発センターとの共催で以下のとおり開催しました。

1. 日 時    令和4年11月25日(金): 13:10~17:05
2. 会 場    広島大学学士会館2階レセプションホール(Zoom併用)  
         

【終了】北海道支部セミナー 令和3年度「コロナ禍への対応とこれからの高等教育」

1.日 時  令和3年8月25日(水) 13:25~16:30
2.実施形式  Zoomによるオンライン・セミナー
        (支援:北海道大学高等教育推進機構高等教育研修センター)

ファイルダウンロード
   ポスター → 0021_hokkaido_poster2108.pdf
   企画書  → 0021_hokkaido_kikaku2108.pdf
   プログラム→ 0021_hokkaido_program2108.pdf

 

【終了】第52回 中国四国支部セミナー「第49回研究員集会」

第49回研究員集会(主催:広島大学高等教育研究開発センター)との共催で以下のとおり開催しました。

日時     令和3年11月26日(金):第1部 10:00~12:00
                     第2部 13:00~17:00

会場     Zoomによるオンライン開催

■ファイルダウンロード
 第52回IDE大学セミナー実施要項 → 0061_chugokushikoku_yokou2111.pdf

添付ファイル 

0061_chugokushikoku_yokou2111.pdf